太陽光発電にはパワーコンディショナーが重要

subpage1

次世代エネルギーの主役とも言える太陽光による発電は、近年では至る所で目にする機会も増え住宅の屋根以外でも、大小様々な土地を利用して太陽光パネルの設置がされています。


化石燃料による発電では二酸化炭素の発生によって地球温暖化や環境汚染が問題視されるので、これからは益々重要性が増すシステムです。太陽光パネルによる発電は、パネルにより光を受け止めて電力を作りますが必ずパワーコンディショナーと呼ばれる機器に送られます。

パワーコンディショナーの専門技術を身につけましょう。

実は、システム全体の心臓部とも呼ばれるのがこの機器であり、様々な重要な仕事をしてくれます。

パネルにより発電された電流は直流電流です。
これは乾電池と同じで家庭用の機器を動作させるには無理なものです。

そこでパワーコンディショナーによって直流を交流へと変化させて使用できる様にする役割があります。また、太陽光発電では余剰電力電力会社に売電する事も可能です。電線に流れている電気も交流なので変換させる必要があるのです。



パワーコンディショナーには更に、系統保護をする常用な役割が求められます。
万が一の際の事故に対して、思わぬ電流が流れれば家庭用機器だけでは無く、電線を介して周辺の住宅にも被害を及ぼす危険性があります。


その事からも、独自に電力を遮断できる機能が備え付けられています。それ以外にも、天気によって左右されやすい発電方法なので安定して電力供給が行えるように、平均して最大となる部分を割出して常に一定の電気を使えるようにしてくれます。