TOP > 注文住宅を建てる時は

注文住宅を建てる時は

誰もが一生に一度は我が家と呼べる住宅を持ちたく、それも出来れば注文住宅にしたいと思う人が多いでしょう。

しかしいざ注文住宅を建てるとなると、どの様に進めるべきか戸惑う人の多いのも事実です。


注文住宅を建てる場合はどの様に進めるべきかを考えて見ましょう。



まず住宅の設計ですが、設計事務所にお願いするのか建設会社に設計施工でお願いするかの二通りがあります。設計事務所にお願いすると、別途設計監理料が必要になってきます。

ただしこの金額は施工業者選定の時に競争入札や競争見積にする事で、予定価格より安い価格を施工者が提示したりして、その差額で設計監理料が補填できる場合もあります。


また設計と施工を切り離す事で、工事の手抜きやミスを発見できる利点もあります。

建築会社に設計施工でお願いすると、設計から施工まで一貫して打ち合わせの窓口が決められるので連絡や指示のミスが少ないでしょう。

入居してからのメンテナンスの窓口も一本化できるので、どこに連絡すべきか迷う事もないでしょう。
次に設計に対しての要望ですが、家族で話し合ってどの様な間取りや部屋にすべきかを決めましょう。

参考に建築雑誌などを買ってきて、その中の写真などでイメージを伝えると伝わりやすいです。

希望や要望を書き出して、それぞれに優先順位をつけて打ち合わせをしましょう。



予算などがオーバーした場合にはどれを外すか、また予算に余裕が出たらどのようなことを追加するなど決めておくと設計者も理解しやすいです。

事前にモデルハウス見学をしたり建築雑誌を見たりして、ある程度のイメージを作り上げておくとスムーズに進められます。