太陽光発電の魅力とパワーコンディショナーの役目

subpage1

一般の住宅でも太陽光発電の設備を導入した建物をよく見かけるようになりました。自宅で発電した電気を自宅で使う、しかも発電に際しては二酸化炭素を排出せずに空気を汚す心配もないエコでクリーンな電気エネルギーとして太陽光発電に対する関心が高まっています。

快適な暮らしを実現するためのパワーコンディショナー情報もきっとあるはずです。

自宅で発電した電気を自宅で電気製品などの動力として使用し、余った電力は電力会社が買い取ってくれることで売電収入も得られる、とても魅力的で夢のようなエネルギーシステムと言うイメージがあります。

近年人気が高まっている理由の一つに災害などに対する備えとしての役割が注目されています。
自宅が被災し電気やガスなどのライフラインがストップしても自宅で最小限の電気は使う事が出来るというところに多くの人が魅力を感じていると言われています。

災害の多い日本ならではの感覚なのかもしれませんね。
太陽光発電システムの中にパワーコンディショナーと言う設備があります。
パワーコンディショナーは小型のエアコンほどの大きさの設備で、太陽電池で作り出した直流電力を、家庭で使用できる交流電力に変換することがその主な役割です。


つまりパワーコンディショナーがなければいくらサンサンと太陽電池に太陽が降り注いでも家庭で使える電気を生み出せない事になってしまうのです。
その他にもトラブルなどの際に太陽光発電システムと送電システムとを遮断する役割などもあります。



そして停電時に自立運転出力に切り替える事で自宅で発電した電力を直接自宅で使用することができるコンセントを備えており、災害などの際にも例えばラジオや携帯電話の充電など緊急的に使用することができます。